こんなにも違う?近場への引越しの費用の相場について

近場への引越しの場合,引越し費用も高額ではないため,引越し業者によってそんなに差が出ないのではないかと思われる方もいるかもしれませんが,ピン切りです。今回は近場への引越し費用の相場について説明いたします。
1キロ以内の近場へファミリーで引越す場合で,トラックの大きさは3トン車,引越しする日は平日の午前中という条件での引越し費用の相場とします。
参考:引越し料金が安い!引越し業者の選び方と相場より値段を安くする方法

平均的な相場は約8万円~9万円ぐらいです。価格交渉次第では上下があるかもしれませんが,どんなにがんばってもこれが限界という業者が多いのではないでしょうか。ただし,約5万円~6万円という価格を提示してくる引越し業者がいることは事実です。価格が特に安いのは「あり」や「パンダ」のマークの引越し業者と言われています。いろんな引越し業者に見積もり依頼をしたとしても,価格が第一優先の人は結局はこの2社による選択になるのではないでしょうか。

他社の価格を提示したら,その場で携帯で電話をし始め,上司に相談しながらどこまで価格を下げられるかを即相談し始めます。正直,どんどん価格が下がっていくので,こんな金額で本当にきちんと安全に荷物を運んでくれるのだろうかと不安になるほどです。
安かろう悪かろうにならないためには,きちんと契約条件を引越し業者と確認し合うことが必要です。日時やトラックの大きさは間違いないか,運べない荷物は本当にないか,細かい点で言うと,段ボールやガムテープはもらえるかなどです。

内容を確認したら,その内容を記載した契約書をきちんと引越し業者からもらいましょう。口頭だけの約束ごとになってしまうと,引越し当日,トラブルが発生したときにうそをつかれたら,証明することができなくなります。

また,契約をするのは引越し業者の営業マンですが,引越し当日に対応してくれるのはアルバイトなどの作業員ですので,連絡不行き届きになっている可能性が高いです。何かあったときに証明できるものと営業マンにすぐ連絡できるよう,携帯電話の番号等をきちんと把握しておくことが必要です。

相場以下の費用で契約した場合,安かろう悪かろうになってしまうことが何よりも心配ですが,事前にきちんと準備しておくことでそのリスクは軽減できると思います。

引越ししたい!お部屋探しは努力と時間が必要

スポーツでも、勉強でも努力した人が努力しない人より良い成績を収めることは、避けがた
い事実です。みなさんが理想のお部屋に出会うためにも、少しの努力と多少の時間は確保してください。

部屋を選ぶということは、非常に大事な行為です。

まず経済的側面からみましょう。月8万円の家賃のところへ引っ越すとしましょう。月8万円ということは、年間で%万円の支払いです。また借りる当初に敷金3カ月、礼金1カ月、仲介手数料1カ月払うとなりますと、その合計は、如万円です。最初に如万円を払い、その後毎年約100万円ずつ払っていく買いものなんて他にしたことありますか?そうです、家を借りるということを何かを買うことにたとえるならば、これは相当高価な買いものをすることになるのです。ですから、少しでも安く、そして自分の本当に気に入った良いものを買うべきではないですか?10万円のスーツやワンピースを買うときには慎重に何度も店に足を運びませんか?

また、どこに住むか、どのような部屋に住むかというのもこれも大事なことです。
コラムなどでも触れますが、どこに住むか、どんな部屋に住むかというのは、当然ながらみなさんのライフスタイルや将来の可能性にも直結しています。ですから、理想の場所、理想の部屋というのがあるのであれば、それを実現させてください。今ならそれが実現できます。

それだけ、借り手にとって良い時代がやってきたのです。
またこれだけ多くのお金を支払うのですから、簡単に妥協をしないでください。少しの努力で良いのです(つまり多くの情報を入手し、たくさんの物件を見て目を養うということです。

それとあせらなくても良いように、早めにスタートして時間に余裕をもって決めてください。

理想の部屋が見つかる時代になってきた

みなさん、やっと家を借りる側にとって良い時代がやってきました。良い時代というよりは、借りる側が「お客さまとして扱っていただける時代」と言っても良いと思います。

実に多くの物件のなかから、時間をかけて選ぶことができるようになりました。
なぜ、そんな時代になったかと申しますと、東京の一部の人気エリアをのぞいて、つまり日本のほとんどエリアで、供給(アパート・マンションの数)が需要(借り手の数)を大きく上回ってしまっているからです。いわゆる賃貸市場において、需給バランスが大きく崩れているのです。

私が大学生だったころは(もう別年以上前ですが)、東京でもまだまだ物件自体が少なく、中央線沿線で、単身者向けの部屋を探しても、不動産屋さんから、「今、空いている部屋がないから、建築中のアパートを見て決めてくれ」などと言われたものです。

その後日本はバブルで経済の絶頂期をむかえ、その崩壊後、さらに十数年にわたる経済不況が訪れました。意外なことに、経済の大きな浮き沈みがあったにもかかわらず、賃貸住宅は毎年建設されつづけてきました。

一方、現在は、少子高齢化です。とくに若年層の人口が急激に減ってきています。専門学校や大学の定員割れが起こっているように、単身者向きの住宅も今やほとんどのエリアであまつ
20年前私が探した中央線沿線でも、現在、検索しますと各駅500戸の空室が表示されます

このように市場では、完全な借り手市場、つまり借り手が有利な状況になっているのです。
みなさんは、最近、敷金ゼロ円、礼金ゼロ円という宣伝文句を見かけませんか?これは、何か特別な企業努力をしているかとか、ボランティア的な大家さんがいるということではないのです。ただ単純に、部屋が埋まらないのです。敷金や礼金をゼロにしても埋まらないという大家さん側の厳しい状況がそうさせているのです。

愛犬との正しい付き合い方

愛犬を家族のように思っている人は多いと思いますがそのつきあい方を疑問に思うこともありますbたとえば、服を着てカートに乗せられている犬たちの表情は、うれしそうには見えないこともよくあります。ほかにも、歯みがきや耳掃除などのお手入れをされることも、犬にとってはしぜんなことではありません。

こう考えてみると、家族であるはずの犬の習性をあまり受け入れていないように感じます。人間がしたいことをいやがったからといって叱るのは理不尽です
また、その習性を誤解している部分も多いように思います。
たとえば、犬は順位づけをする動物であり、飼い主さんを下にみることがあると言われますがく今までに11頭の犬たちと暮らしてきて、彼らのあいだに順位があると感じたことはありません。
状況によっては優先順位がつくこともあるようですがふだんは気楽なつきあい方をしていますbリーダーを目指すよりも、愛犬の習性を受け入れ、弱い立場
である彼らを守り、そして頼られる存在であればよいのです

もっとよい関係を築けるはずと自分を信じて

先生のとおりにやっているのにうまくいかず、「うちの子はだめ犬かもしれない」と落ち込んでしまう飼い主さんもいます。
うまくいかない理由はさまざまですが、ひとつ言えるのは、愛犬が想いわけではないということです。飼う側の動物が一緒に暮らいるのですから、不部合はあって当然です。お互いが心地よく暮らしていくためにはどうすればいいのかを、考えていきましょう。

だめ犬ではなく教えられない飼い主さんのせい

しっかりと数えられれば、犬の行動は変わります。できていないということは、飼い主さんがそれを正しく教えられていないということなのです。
たとえば、トイレを数えるためには、トイレで排泄できたときにほめてあげる必要があります。しかし、ちょっと目を離してほめるタイミングを逃してしまうと、学習は遅れてしまいます。飼い主さんが正しく教えられれば、どんな犬でも学習はできるのです。